オーガニック、私たちの選択

米国オーガニック・トレード協会

様々な食品、シャンプーやせっけんなどのトイレタリー、スキンケア製品、衣料品、寝具、掃除用品からペットフードなど、幅広い分野にわたるオーガニック製品。オーガニックを選択すること、それは、地球環境と私たちの健康を守ること。人と地球のゆたかな未来を紡ぐ「オーガニック」をもっと知ってみませんか

オーガニックとは?

カラダにやさしい、地球にやさしい

化学的に合成された
農薬や肥料を使っていない

遺伝子組み換え原料が
入っていない

汚水物質または
合成成長ホルモンが含まれていない

汚水や放射線に
さらされていない

オーガニック(有機)とは、毒性および合成農薬、化学肥料、遺伝子工学、抗生物質、
合成成長ホルモン、人工香料、着色料、防腐剤、下水汚泥、放射線照射を使用せずに生産されたものです。

オーガニック、
どのように生産されているの?

農作物

すべては、植物を育み、植物病の発生を減らすのに役立つ健全な土壌を作りから始まります。有機認証を取得するために、最低3年間、禁止物質を含まない土地を保守していく必要があります。有機農家は、土の中に何を入れるかが、土から何を取り出すかに大きく影響することを理解しています。そのため、有毒で難分解性の農薬、除草剤、合成窒素肥料ではなく、手作業による除草、機械制御、マルチ、被覆作物、輪作、密植といった手法に頼って、作物を栽培し、土壌を作っています。
その土壌で栽培された農産物は栄養素の含有量が増加し、よりおいしい作物ができるようになるのです。

畜 産

米国の有機農家は、抗生物質や合成成長ホルモンを使わずに動物を育てることが法律で義務付けられています。100%の有機飼料と安全で清潔で檻のない、すなわち動物が自由に歩き回れる屋外や牧草地といった生活環境を与えなければなりません。

有機製品加工

農場での有機栽培や飼育から始まった有機製品としての完全性を維持するために、人工原材料や合成保存料なしで最小限に加工されます。例えば、GMO(遺伝子組み換え生物)の使用は、生産および加工中に禁止されています。また、有機加工では放射線照射も禁止しています。有機成分が非有機物質と混じり合ったり汚染されたりしないように特別な措置が取られなければならないのです。

暮らしの中のオーガニック、
地球環境と私たちの健康

オーガニックといえば、生鮮食料品や牛乳などの有機食品がまず思い浮かぶはず。ですが、オーガニックはそれだけではありません。衣料やベッド/寝具、スキンケア製品、せっけんやシャンプー、掃除用洗剤や日用品、栄養補助食品、生花、さらにはペットフードなど、多種多様な製品があります。

洗濯をしたり、衣料品を選んだり、パーソナルケア製品を買ったりする日々の暮らしで、どれを使用するのか、何を食べるのか、私たちのその選択が、すべて地球の健康に影響を与えています。GMO(遺伝子組み換え作物)の禁止に加え、有毒な農薬や石油系肥料の使用が許されていないオーガニック製品を選ぶことは、地球に良い影響をあたえる簡単な方法です。

残留農薬や有毒な化学物質の
リスクを低減し、
栄養素のゆたかな食物

オーガニック製品を選ぶことは、有毒で残留性のある化学物質の危険に晒されることを最小限におさえ、結果として人々の公衆衛生上のリスクを低減します。そして、有機栽培された食物は、従来栽培されているものよりも、ビタミンC、鉄、マグネシウム、リンなどの栄養素が豊富で、抗酸化物質などの有益な栄養素を持っていることが示されています。
有機全乳は、従来の方法で管理された酪農場で育てられた牛の乳と比較して、心臓に良いオメガ3脂肪酸の濃度が高かった(2013年12月にPLOS ONEに発表された研究論文)ことや、有機栽培の大豆の方が、通常栽培されている大豆や遺伝子組み換えの大豆よりも健康的な栄養特性がある(雑誌 「the journal Food Chemistry」 に掲載された研究論文)ことが分かりました。

有機化合物の環境保全効果

有機農業は、土壌から貴重な栄養素を枯渇させ、環境劣化を促進する合成農薬や化学肥料に頼るのではなく、堆肥化、被覆栽培、輪作などの手法を用いて土壌を肥やしていきます。さらに、有機農家は、多様な生物学的景観が人々と地球の両方の食料供給に役立つことを理解し、自然の生息地の保全と保護に努めています。
有機的な手法は、有害で残留性のある化学物質からの排水を清潔に保つのに役立ち、有機農業は、石油系肥料の使用を禁止し、大気中の二酸化炭素を吸収することで、二酸化炭素排出量を削減し、気候変動と闘うのに役立ちます。

研究では、有機農場が従来の農場よりも多くの種を支えることができることがわかりました。また、Journal of Applied Ecologyに2014年2月に発表された研究によると、従来の方法を用いた場合と比較して、有機栽培で支えられる植物種、昆虫種、動物種の数が平均で34%多いこと、さらに、有機農場は50%高い受粉種多様性を持っていたとされています。

オーガニックおよびGMO

遺伝子組み換え生物(GMO)の使用は有機製品では禁止されています。つまり、有機農家は遺伝子組み換え作物の種を植えることができず、有機牛は遺伝子組み換えアルファルファやトウモロコシを食べることができず、有機スープ生産者は遺伝子組み換え作物の原料を使うことができません。
USDAの有機規制を満たすために、農家と加工業者は、GMOを使用していないこと、および農場から食卓までGMOなどの禁止物質との接触から製品を保護していることを示す必要があります。GMOとの接触を適切に防止しているかどうか、少なくとも年に一度は検査され
GMOが疑われたり検出されたりした場合、認証機関は有機農法や加工基準に違反しているかどうかを判断するための調査を法律で義務付けられています。また、GMOの存在が意図的であった場合、あるいは不適切な予防措置の結果であった場合には、認証の失効や財政的罰則が設けられています。

GMOとは何ですか?

遺伝子組み換え生物とは、GE(遺伝子操作される)、除草剤耐性(HT)、Bt作物といった、別の種の遺伝物質を注入することによって変化した生物のこと。
The Organic CenterのGEレポートによると、GEシードは1996年に商業的に導入され、今ではアメリカのトウモロコシ、大豆、綿の生産を支配。GE作物には、2つの主要な形質の一方または両方が含まれています。除草剤耐性(HT)作物は、成長期に1種以上の除草剤を直接散布しても生き延びるように遺伝子操作されているもの。また、Bt作物は、ある種の農業害虫を殺す毒素を生成するように作られています。

米国農務省(USDA)の有機プログラム(NOP)の規定では、有機製品の製造や取り扱いの際に「除外メソッド」を使用することを禁止しています。除外される方法は、規則において「自然の状態または過程では不可能で、有機的な生産と互換性があると考えられていない手段によって、有機体を遺伝的に改造し、それらの成長と発達に影響を与えるために使用される様々な方法。」(7 CFR 205.1)と定義されています。ただし、伝統的な植物育種、接合、発酵、交雑、体外受精、組織培養は含まれません。
2002年に有機規制が発表されて以来、「除外メソッド」は遺伝子工学(GE)または遺伝子組換え生物(GMO)と呼ばれています。

オーガニック、厳格な基準と規制

厳格な政府基準、米国で最も厳しく規制され、
厳重に監視されている食品システム

USDA有機ラベル

厳密で多段階のプロセスを必要とする有機認証の仕組みは米国農務省 (USDA) によって定められ、全米有機プログラム (NOP) によって厳しく監視されているシステムです。USDA有機ラベルを貼付した製品は、政府の厳しい生産・加工基準に沿って、毒性および合成農薬、化学肥料、遺伝子工学、抗生物質、合成成長ホルモン、人工香料、着色料、防腐剤、下水汚泥、放射線照射を使用せずに栽培・加工されたものとなります。

また、National Organic Program、National Organic Standards Board (市民諮問グループ)、業界代表者、および一般市民が参加している透明性の高いプロセスによる、農場から食卓までのトレーサビリティが、購入したオーガニック製品に対するあなたとご家族の信頼を保証しています。

「オーガニック」とすぐわかる!オーガニックラベル

日本に輸入されるアメリカのオーガニック製品には
日本のオーガニックラベルを使用することが義務付けられています

日米同等性協定

認定されたオーガニック製品は、米国と日本の間を自由に移動することができます。日本では追加認証なしに米国のオーガニック産品を日本の有機JASマーク付き産品として販売し表示することができ、米国に輸入される日本製品について逆もまた可能となっています。双方向の貿易協定はアジアで初めてのものであり、また、有機基準の例外を設けない初の有機的同等性協定でもあります。

レシピ

レシピ一覧へ

USオーガニックフェア

クイズにこたえて米国オーガニック商品の
詰め合わせセット
を当てよう!

応 募